季刊『土地改良』に掲載されました

土地改良建設協会の季刊誌『土地改良』の「私から見た土地改良」に津南町長インタビューが掲載されました。

農業政策への思い、新たな経営体育成や基金創設、生産振興など行ってきたことを紹介しています。また、今後の土地改良への期待として、農地の基盤整備は通信環境もセットで行い、スマート農業はじめ町全体の活性化に活用していきたいと話しています。

https://dokaikyo.or.jp/date_issue.html
リンクから全文がご覧いただけます。

時事通信情報誌『地方行政』の月曜連載(10/11号、10/18号)に掲載されました

時事通信専門情報誌『地方行政』の月曜連載 PdC EXECUTIVE REVIEW─公民連携・現場レポート─に津南町長インタビューが掲載されました。

10/11号「性別にとらわれず『その人らしい強み』が生かせる場を」、10/18号「職員自らが考える現場から生まれた政策のアウトカム」にて、女性首長として、町民や職員の力を引き出すサーバント型リーダーシップを試みていること、強力なトップダウン型リーダーシップに比べて分かりにくいが、メンバーが主体的に考え行動する環境づくり、組織づくりをすることが現代のリーダーの役割だと考えていることなどを語っています。

自治体DX白書で共同編集委員長の菅原直敏さんと対談しました。

自治体DX白書で共同編集委員長の菅原直敏さんと対談しました。
津南町のDXは、DXをやろう!というところからスタートしたわけではなく、いろいろな課題設定がある中でそれを解決する手法としてDXもあるという考え方で進めているというポイントと農業での事例をお話ししました。

【#ホンネのDX】目指す世界観、自分らしさ、幸せとは(1)

【#ホンネのDX】農業や物流とデジタル技術(2)

【#ホンネのDX】町長として女性として幸せを感じる瞬間は?(3)

ソトコト2021年7月号に掲載されました

ソトコト2021年7月号の「サステナブル・ブックガイド。」に津南町長の選書とインタビューが掲載されました。
ヘンリー・A・キッシンジャー著『外交』などを紹介し、現場の声を聞いて、現実的に政策に活かし、住民と行政の関係をよりよくしていくのも外交で、行政にとってウェルビーイングであると述べました。

 

to top
MENU