ごあいさつ

 町長に就かせていただいてから3年がたちました。この間、私の町長としての活動に、多くのご支援やご指導をいただき、誠にありがとうございます 

 生まれ育ったこの町で結婚し、母親となってから、子どもたちの代になっても持続可能で、住むことを誇りに思える町へと導いていくことが私の使命と考え、活動してきました。 

 就任後、最初に取り組んだことは、医療の問題です。「町立病院という住民に密着した医療を守っていくために、どう持続可能なあり方に変え、期待以上にこたえ、住民を幸せにできるか」という問いにひたすら向き合いました。緊急度が高く、重要性も高いものだったからです。現在は、職員の頑張りで病院経営は収支が大きく改善され、医師も確保でき、高齢化率40%を超える町で地域包括ケアの中核として、より質の高い医療をめざして改善が進められています。次のステップに向け、手応えを感じているところです。 

 この間、令和元年東日本台風による水害や、現下の新型コロナ感染症の流行など危機対応を行いながら、町立病院が改善するにしたがって町の財政も少しずつ安定しはじめました。将来世代も含めた住民福祉の向上のためにここからがとても大事だと思っています。 

 また、私は、町の基幹産業である農業の「産地としてのパワーを強くしたい」という思いのもと、取り組んできました全国の産地に伍する強い産地づくりを米でも、野菜でも、花卉でも、畜産でも進めることが、農業を取り巻く変化の波を迎え撃つことになると考えたからです 

 津南町には、階段状の河岸段丘という特異な地形の上に、先人たちが創り、遺してくれた優良な農地基盤があります。これを活かして、「農を以って立町の基と為す」という町是を、スローガンで終わらせず、町の体制や施策に現れたもの、充実させてまいりました。生産者の思いをトップセールスで伝える活動も、続けて行ってまいります。 

 コロナ禍により、観光がなかなかしにくい年が続きました。しかしながら、私が観光地域づくりに力を入れたいとする意味には、ここに住む私たちと都市部との格差の減らしたい、それは経済的なものであり、道路整備や教育であったりします。観光によって、ここ独自の価値を見せることで、格差の埋戻しにつながるものと考えています。ポストコロナに向け、「雪国であること、縄文文化が残っていること、食では高い品質の農産物を生産する町であること」といった津南の価値を、訪れる人に伝え、持続可能な観光地域づくりを進めてまいります。多くの方々から参画していただいた「津南未来会議」で提言のあった観光地域づくり法人の立ち上げを目ざしてまいります。 

 、ここが明日の食糧を生産し、かつ、河岸段丘の落差と雪国の豊富な水資源により、国内最大級の水力発電で電気エネルギーを生み出している町であることを誇りに思っています。令和33月、津南町として、2050年の温室効果ガスの実質排出量ゼロ(ゼロカーボンシティ)宣言を行いました。今後、農業や教育の分野をはじめあらゆる分野で、津南の特性を生かした取り組みを行ってまいります。 

 そして、何より、人(後継者)を残していきたい、これが私が責任をもってやり遂げたいことですあらゆる町の産業で、地域コミュニティで、人(後継者)を残すこということを意識し、活動してまいります。令和3年に策定し津南町教育大綱に基づき、「主体性や創造性を育む教育の推進」、「豊かな自然環境や文化を生かした『学び』の醸成」、「保育・教育環境の整備」、「世界に通用する英語教育・環境教育を進め、津南の子どもたちが、社会に羽ばたける力をつけるために力いっぱい支えていきます。令和3年度から、地中熱ヒートポンプを活用した空調設備を導入した新保育園舎づくりが始まります。将来を担う子どもたちが、幼い頃から脱炭素社会を意識できる環境にしたいと考えています。 

 皆さまと力を合わせ、地域に根を張り、葉を広げての活動にますます取り組んでまいります。 

令和36 

津南町長 桑原 悠